里山の自然を楽しむ
 
 2011年 6月23日

 足尾町 庚申山へ 


 昨年6月24日と同時期に再度、コウシンソウを見に庚申山へ登る。昨年は山巡りコースで一の門から山頂には行かず、庚申山荘に下りてしまったので、今回は庚申山荘から山頂へのコースとしました。
 
 ■コース
    登山口駐車場7:45 〜 一の鳥居8:55 〜 猿田彦神社跡地10:15 〜 10:24庚申山荘・クリンソウ群生地10:35 〜 一の門11:30 〜 12:30庚申山頂12:40 〜 一の門13:30 〜 14:00クリンソウ群生地14:10 〜猿田彦神社跡地14:14 〜 一の鳥居15:08 〜 登山口駐車場15:53

7:45 小雨が降っていたが、天気予報では日中、晴れ間もでるはず?に期待して、カッパを着て出発した。
8:06 第二ゲートを通過。此の先から砂利道となる。
8:27 「天狗の投石」を通過
8:55 「一の鳥居」に到着。雨も上がってきたので汗ダクダクのカッパを脱いだらスウ〜ッとして気持ちが良かった。
途中の小滝
9:28 百丁目を通過。
9:35 鏡岩を通過。この頃から晴れ間も出てきて気分爽快となる。
9:47 夫婦岩を通過。この辺から登りがきつくなる。
9:58 仁王門を通過。
猿田彦神社跡地の手前に咲くヤマツツジ。
10:15 猿田彦神社跡地に到着。昨年は此処からお山巡りコースを登ったが、今回は庚申山荘から山頂を目指すことにした。
10:24 庚申山荘に寄る。人気は無くひっそりとしていた。
庚申山荘から少し戻り、クリンソウ群生地を通って山頂を目指す。
丁度、満開のクリンソウはとても綺麗でした。
10:52 「裏見の滝」を通過。
岩壁に咲くヒメウツギ
 
クワガタソウ
頭上に聳える切り立った岩は「やぐら岩?」だろうか。
11:14 「初の門」にさしかかる。
11:16 見晴らし台からの眺めは素晴らしい。先端から真下を覗いたら足がすくみました。
岩場を登る角パイプの梯子が何ヶ所かあります。
11:30 「一の門」に到着。
此処から「お山巡りコース」と庚申山(皇海山)山頂への分岐点となります。
今回は庚申山山頂(0.7km)へ向かいます。
ウコンウツギの花
散り始めたシロヤシオの花
鎖場がたくさんあり、気を許せません。
ユキワリソウとコウシンソウの群生地
コウシンソウもたくさん咲いていたが、少し色あせた感じで、そろそろ終期のようだ。
山頂付近の登山道
12:30 庚申山の山頂(標高1892M)
此処で休憩したかったが、吹き上げる風と暗雲が立ち込め雨が降り出してきた為、展望を楽しむどころではなく、カッパを着て来た道を引き返した。
山頂に咲いていたアズマシャクナゲ