里山の自然を楽しむ
 
 2011年 8月29日

 浅間隠山のレンゲショウマ 


 お盆が過ぎた頃からぐずついた不安定な天候が続き、何処へも出かけられずにいたが、つかの間の晴れ間を見計らって此の時期に咲くレンゲショウマを見に行くことにした。関東圏内で自生している山はいくつかあるようだが、近距離で時期的に遅くまで咲いていそうな浅間隠山か鼻曲山に絞った。いずれも今回初めて登る山なのでどちらが良いか迷ったが、午後から雨が降りそうだし午前中で往復できそうな浅間隠山へ登ることにした。あわよくば午後から鼻曲山へとも思ったが、結果として体力的に無理だった。
8:00.浅間隠山登山口に到着。
登山口に1台と少し離れた駐車場に1台来ていただけで思ったより空いていた。

8:20 支度を整え登り始める。
雨後だったためか、水が流れる沢のような登山道を歩いて行く。
お目当てのレンゲショウマを見つける。
群生とまでは言えないが、数十株まとまって登山道沿いの下斜面に咲いていました。
しかし踏み込みやすい場所だけに根元まで踏み荒らされていて、心許ない登山者にはガッカリ、もう少し気をつかって写真を撮ったりいたわって欲しいものです。・・・と自問自答しながら撮影。
北軽井沢方面(不明瞭な道筋))との分岐点
9:10.北軽井沢方面からの登山道と合流
(途中での花撮りが多っかったため時間を要した)
あいにくガスが立ち込め見晴らしは最悪でした。
しばらくはなだらかな傾斜の快適な登山道が続く
9:40.この辺りから登りがきつくなってきます
10:00.つらい登りも此処で一段落
胸の高さまで多い茂る笹を掻き分け、足元の段差に気を付けながら登って行きます。
ようやく山頂が見えてきました。
10:20.山頂に到着。
生憎ガスが立ち込め遠くの景色は何も見えません。
汗でびしょびしょのシャツを乾かしながら、誰もいない独占状態の山頂で、花に群がる蝶やトンボを眺めながらのんびりと1時間以上過ごしてしまった。

11:30.来た道を引き返えす。
下り始めたら中高年の団体さんやら次々と登って来る登山客と行き交いビックリ、昼時の山頂は大賑わいになるだろうと思いながら下って行った。
浅間隠山に咲いていた花 (24種類)
帰路の途中、登山道から少し離れた場所で、偶然にもレンゲショウマの群生地を発見。 
その他、登山道や山頂に咲いていた花   

?アザミ

ノハラアザミ
タイアザミ

タムラソウ

ヤマハハコ 

ヤマノコギリソウ 

ゴマナ

ハンゴンソウ

キオン

イタドリ

イタドリ

キバナノヤマオダマキ

キンミズヒキ

マルバダケブキ

ヤナギタンポポ

マツムシソウ

ノリウツギ

オカトラノオ

オクモミジハグマ

ツリガネニンジン

ソバナ

シオガマギク

トモエシオガマギク

シモツケソウ