里山の自然を楽しむ

埼玉県行田市  古代蓮の里
古代蓮の里では、行田蓮を含む41種類の花蓮をご覧いただけます。
花の開花時期は種類によって異なりますが、古代蓮である行田蓮は6月中旬から8月中旬に咲きます。

蓮の花は早朝より咲き始め、昼頃には閉じます。
3日間開閉を繰り返し、4日目の午後には、全ての花弁が散ってしまいます。


行田蓮は、昭和46年に公共施設工事の際、出土し種子が自然発芽し開花したものです。
原始的な形態を持つ、1400年〜3000年前の蓮であると言われています。


以上、古代蓮の里ホームページより記事抜粋

>>>以下は6月29日に訪れた時の開花状況です。>>>

古代蓮池(10万株の行田蓮があるそうです)

まだ蕾で、わずかに咲き始めた所でした

自生地で自然発芽した【行田蓮】

行田蓮(ギョウダハス)

行田蓮(ギョウダハス)

行田蓮(ギョウダハス)

スイレン(白)

スイレン(白)

スイレン(赤)

スイレン(赤)

コウホネ

コウホネ

アサザ

アサザ

小舞妃蓮(ショウマイヒレン)

小舞妃蓮(ショウマイヒレン)

小舞妃蓮(ショウマイヒレン)

小舞妃蓮(ショウマイヒレン)

舞妃蓮(マイヒレン)

舞妃蓮(マイヒレン)

碧台蓮(ヘキダイレン)

碧台蓮(ヘキダイレン)

誠蓮(マコトバス)

誠蓮(マコトバス)

紅万々(コウマンマン)

紅万々(コウマンマン)

請所本紅(ウケショボンベニ)

請所本紅(ウケショボンベニ)

世界のいろいろな蓮池もあります

高さ50メートルの360度大パノラマ展望台(古代蓮会館)