里山の自然を楽しむ
 
 2012年5月14日

 足尾の備前楯山(標高1272M)のアカヤシオ


 庚申山には三度ほど登っているが、銀山平の近くにある備前楯山の存在は知らないでいた。ネットでアカヤシオが見られる手ごろな山はないかと探していたら備前楯山がヒット、山頂からの展望も良いらしく、さっそく出かけてみました。

  舟石峠駐車場・登山口8:30〜9:30備前楯山山頂10:40〜11:50登山口
8:30
舟石峠駐車場にはまだ誰も来ていません。
左遠方に見えるのが、これから登る備前楯山のようです。幸い好天に恵まれ気分は最高♪
駐車場から北東に男体山や手前に半月山・薬師岳・地蔵岳などの山並みが望めます。 
駐車場の西側に林道からの登山口が有り、”クマに注意!”の看板がありました。此の少し入った先に駐車場から入る近道が有ったが、時間がたっぷりあるので林道まで出て見ました。
しばらくは開けた緩やかな気持ちの良い登山道が続く。しかし断続的に整備された丸太の階段は少々堪えます。
ピンクの花は、お目当てのアカヤシオかと思ったらミツバツツジでした。この一帯に群生しており、満開でとても綺麗でした。



お猿さんも出迎えてくれました。
 
 
 
ツツジが消えた先は尾根歩きとなる
こんな場所もチョコットあります
痩せた尾根は露出した根張りに足を引っ掛けないよう要注意です。




山頂近くまできたら、アカヤシオの花がまだ少し残っていました。
9:30
 道草をくいながらのんびり登ってきたが、丁度1時間で山頂に到着です。
 山頂からの展望は素晴らしく、手前に山肌の荒れた中倉山や赤倉山が迫り、山間部の渡良瀬川源流沿いには精錬所の建物が見渡せた。西から袈裟丸山・庚申山、北に黒檜岳・社山・半月山などの山並みが連なり、その奥には雄大な男体山が聳える。幸い晴れて、素晴らしい景色を堪能でき大満足。、時間の過ぎるのを忘れ、1時間以上も滞在してしまった。

山頂の周辺には坑道?らしき横穴がいくつも見られたが、熊が潜んでいそうなので覗くのは止めた。

11:20 下山途中で駐車場の手前から袈裟丸山連峰・庚申山・大平山方面を眺望
11:50
 駐車場に帰還、下山途中ですれ違った人たちの車が6台ほど増えていました。
午後から足尾精錬所を眺めながら、渡良瀬川源流にある砂防ダム・銅親水公園までドライブしてみました。