里山の自然を楽しむ
 
 2012年5月30日

 袈裟丸山(標高1902M)へ郡界尾根コースで登る


 かねてから行きたいと思っていた袈裟丸山へ登ってみることにしました。登山口は塔ノ沢登山口と折場登山口と郡界尾根登山口の3ケ所あったが、今回は初めてでもあるし一番短いコースを選定した。
 生憎、山頂付近はガスに包まれていて展望は望めなかったが、ヤマツツジから始まってミツバツツジ、シロヤシオ、シャクナゲ、そして山頂付近でアカヤシオと高度を上げて行くにつれ色々な花を楽しめました。

  郡界尾根登山口8:10〜10:40後袈裟丸山頂〜八坂張〜後袈裟丸山頂12:20〜(花撮りや山菜採りなど道草多し)〜15:10登山口
8:00
 登山口前の駐車場は満車で、道路にも数台停めてあったので、無理はせずその先の少し離れた広い場所に停めた。平日で空いているかと思っていたが、想定外の登山客の多さにビックリです。
 此処が郡界尾根登山口。
8:10
 登山開始、丸太の階段がしばらく続いているが、ほど良い段差でさほど疲れず登って行ける。


朱色に染まったヤマツツジがとても綺麗、疲れを癒してくれます。
丸太の梯子
丸太の梯子の先は、なだらかな笹原の登山道となります。
遥か前方の斜面で5〜6人、何をしているのか?近づいて覗いてみたら、「山登りが山菜採りになっちゃったよ♪」なんて言いながら夢中で採っていました。私は帰路、時間の余裕があったらと、まずは山頂を目指すことにします。 
 
9:00
 八重樺原(1415m)

 此処から先は緩やかな下りとなってミツバツツジ、シロヤシオ、オオカメノキ、シャクナゲが続き目を楽しませてくれます。
 
 
 
 
 
9:25
 石祠と「山頂まであと1.7km」の道標が有ります。、
石祠から痩せた尾根伝いの登坂となる
10:00
 根張りが露出した岩場の痩せた尾根



 だんだん登りがきつくなってくると、アカヤシオの花が増えてきました。
10:30
 最後の一登りはきつかった。
10:40
 後袈裟丸山山頂(1908m)に到着。笹に覆われていていました。折場登山口から登ってきたという人が1名いただけでしたが、その後、続々と賑やかになってきました。

 少し休憩してから、八反張まで下りて見ることにした
後袈裟丸山山頂から前袈裟丸山方面へ笹を掻き分けながら下って行くと、途中から視界が開けた。八反張は急斜面の遥か下に見える。「行はヨイヨイ、帰りはツライ」・・・、どうしようか少し迷ったが、此処まで来たついでだからと決行!
 前方に見える前袈裟丸山(1878m)山頂は濃霧に包まれていた。
11:15
 急坂を100mほど下り、八反張に着いた。両斜面が一部崩れかかっている所もあるが、鎖やロープが張ってあり路肩に踏み込まなければさして危険はない。

 濃霧が無ければ素晴らしい展望が望めそうだ。ミネザクラ?やアカヤシオが咲いていたが、期待したユキワリソウはまだ蕾だった。
 
 八反張から後袈裟丸山山頂を見上げる。
 
 登り返すのは予想以上にきつかった。
12:15
 後袈裟丸山山頂に戻ると、昼食中の人たちで埋め尽くされていた。
下山途中に撮ったスミレ
15:10
 登山口に下山。駐車場の車はだいぶ減っていた。