里山の自然を楽しむ
2007年2月13日 利根川のグライダーと渡し船

ぽかぽか陽気に誘われ愛犬と一緒に利根川(妻沼町葛和田)へ散歩に出かけた。
日本学生航空連盟の管理するグライダー練習場ではグライダーが青空を気持ちよさそうに飛んでいた。
土手からの眺望は素晴らしく、富士山、秩父連山、浅間山連峰、赤城山、男体山の山なみが見渡せるが、今日は少しボケッとしていて残念だった∵
河原には乗船人を待つ不定期便の渡船場や運動場があります。丁度、対岸の赤岩からやってきた渡し舟の写真もご覧ください。

周辺情報 →利根川上流河川事務所
              →妻沼町のご案内

グライダー→日本学生航空連盟
利根川の河川敷に広がる妻沼のグライダー滑空場は、滑空時間・飛行回数共に日本一であり、全国の50を超える大学から、学生達が妻沼滑空場を訪れます。
また、毎年3月には全国の各大学チームが日本一を競う「全日本学生グライダー選手権大会」が行われるなど、まさに日本を代表するグライダー滑空場の一つとなっています。 (妻沼町のご案内ページより記事抜粋)
 ↑利根川を挟んで群馬県邑楽郡千代田町大字赤岩埼玉県熊谷市(旧・妻沼町)葛和田を結ぶ通称「葛和田の渡し」(埼玉県側の呼称/群馬県側では「赤岩渡船」と言う)。
対岸までの約500mを4分で運行、乗船人が来た時だけの不定期便。
昔ながらの風情を今に伝えながら今日も利根川をゆっくりと運行しています。
 この渡船場は、もともと熊谷方面と、上州館林方面とを結ぶ街道の要所として、年貢米をはじめ、木材や塩などを輸送する河岸場として江戸時代に幕府が設置したといわれています。
愛犬の黒ラブちゃんです。♂ 5歳 、ボール遊びが大好きです♪