里山の自然を楽しむ

2008年1月31日 長瀞 宝登山の「ろうばい園」にて

本日は1月の晦日、お正月も今日で終わります。
今日は毎年恒例となっている宝登山神社へ参詣に行ってきました。
宝登山神社では家内安全、商売繁盛、火防盗賊よけ、交通安全、金運招福などの祈願祭が毎日とり行われています。
昨年は1日前の30日だったが、大勢の人でしばらく待たされたが今回は少なくてたすかりました。
祈願を済ませてから標高497mの山頂にある蝋梅園へ向かう。
昨年はロープウエーが1時間半待ちの大混雑のため、徒歩で1時間近くかかって山頂まで登ったが、今日は何故かガラガラ・・・??
登りだけの片道切符を買って山頂へ、5分でアッと言う間に到着だ。
今日は雲が多く寒風が吹き荒れる厳しい天候となってしまったが、おかげで景色がスッキリと見渡せ、秩父連山の素晴らしい展望を満喫できました。
ロウバイ園は、満月蝋梅・素心蝋梅・和蝋梅の3種類で約500株・2000本植えられており、12月下旬から2月下旬まで甘い香と黄色い花を楽しめるようです。

昨年同時期は異常に気温が高かったせいか満開で大賑わいだったが、今年は例年並の冬らしい寒さのせいかまだ3分咲き、人出の少ない理由がわかりました。


蝋梅園入口付近に咲くマンサクの花

枝茂るロウバイの遠方に武甲山を望む

満月ロウバイ

和ロウバイ

素心ロウバイ

逆光でみるロウバイもキラキラ眩いて綺麗だ。

ロウバイ園の下にある梅園

でもチラホラ咲き始めました。

「イカル」と言う野鳥のようだ。薄暗くてブレてしまった。

南側斜面の暖かい所に「ミツバツチグリ」?かな

福寿草も咲き始めました。