里山の自然を楽しむ

2008年2月21日 秩父市大滝の三十槌大つらら

大滝村三十槌(みそつち)地区の荒川河川敷に氷柱が見ごろと聞いて出かけてみました。
この氷柱は毎年1月下旬くらいから2月下旬まで見ることが出来るようです。
国道140号線沿いに有料駐車場(500円)があり、そこから歩いてすぐ下の川原に降りると、対岸に氷柱が観られます。
大滝村老人福祉センター駐車場を無料で利用できますが、国道140号を25分程度歩かなければなりません。
時間に余裕のある方は歩いても楽しいと思いますよ。

大滝観光協会の案内ページはこちら
この立派な有料駐車場は2006年にできたらしく、真新しい建物と立派な石垣は観光名所への力の入れ込みが伺えます。
利用時間は8:00〜21:00となっているようです。
今年は2月になってから寒い日が続いたせいか、氷柱も立派に成長したようです。

しかし、昨日からの暖かさで大分融けてしまったとの事。
部分的に少し汚れが気になったが、まだ十分に見事な氷柱を観ることができました。
平日で訪れる人も少なく、のんびりと景観を楽しんできました。
体長10cm位の小さな鳥が杉の枝に飛び交っていました
「キクイタダキ」という野鳥のようです。