里山の自然を楽しむ

2008年10月16日 小諸りんご園&高峰高原へ
今日は長野県小諸市にある松井農園へリンゴ狩りに出かけました。
駐車場には大型観光バスが4台、いづれも小学生の体験学習のようです。
楽しそうにリンゴを摘んだり食べたり大賑わい、心が和みます。
リンゴの品種は秋映・千秋・レッドゴールド・紅玉シナノスイートなどいろいろあって迷ってしまいそうですが、受付で試食をさせてくれるのでお気に入りの品種を決めてから採りに行きました。
老木は見応えがありますlネ!
十年位前に来た時の虚ろな記憶がよみがえりました。
鈴なりの真っ赤なリンゴは圧巻です。
園内では食べ放題となっていますがすでに試食で腹いっぱい、妻と2人では1個が食べきれませんでした(汗)

大好きなフジはまだ時期尚早、少し残念でしたが、試食にてシナノスイートが一番美味しかったので、此れを土産に採ることにしました。
低学年の体験学習のようです。
楽しそうに採ったり食べたり賑やかでした。

りんご園を後にして次は浅間山麓の高峰高原へ登ってみる事にしました。
りんご園のそばから北へ一本道のチェリーパークラインを山頂に向かって走っていくと、30分位で標高1968mの車坂峠に着きます。
付近一帯は黄金色に染まったカラマツが見ごろでとても綺麗でした。
また眼下には佐久平や八ヶ岳連峰が一望できます。
今日は暖かくなったせいか霞みがかっていた為、富士山までは見えなかったけど素晴らしい展望を満喫できました。

高峰高原ホテルの横から砂利道の狭い林道を湯の丸方面へ4km位走っていくと池の平湿原入口に有料駐車場があり寄ってみました。
今の時期には池の平湿原の高山植物は枯れて見ることはできませんが、カラマツやクロマメノ木、コケモモなどの紅葉が綺麗でした。
池の平湿原とその奥の三方ヶ峰からの展望を楽しんだ後、湯の丸高原へ向かい地蔵峠の駐車場で休憩後、東御市へと下山しました。
車坂峠付近の景色。
黄金色に染まったカラマツ林が綺麗でした。
その眼下には佐久平や八ヶ岳連峰が一望できます。
車坂峠から高峰温泉へ向かう途中から見た標高2202mの水ノ塔山

この一帯はスキー場になっています。
左側に標高2092mの高峰山があります。
池の平駐車場から湿原へ向かう歩道。
15分位で湿原に出ます。
中央の木道を渡りきったところに湿原で唯一の小さな鏡池がありました。

鏡のような水面にはカラマツの紅葉が映って幻想的な風景です。。
三方ヶ峰の稜線にはコマクサを保護する柵があって景観を損ねている感じだ。
しかし360度の大パノラマの景観は素晴らしい。
再び鏡池に戻って標高2568mの浅間山連邦に向かって湿原を一周してきました。
浅間山は今も小噴火が続いており噴煙が良く見えます。
振り返って、先ほど登ってきた三方ヶ峰を望む
木道沿いの岩場にはカラマツやクロマメノ木、コケモモなどの紅葉が綺麗でした。
湿原はカラマツ林に囲まれていて黄金色に染まった景色もまた綺麗です。