里山の自然を楽しむ

2008年10月28日 晩秋の赤城山へドライブ
今日は赤城山の山頂へドライブしてきました。
行きは大胡から赤城神社方面へ向かったが、群馬フラワーパークまで約4km大渋滞にまき込まれてしまった。何かイベントでもあったのだろうか?
群馬フラワーパーク交差点から渋滞が開放されホッとしたところで、その先にある赤城神社で休憩。
赤城温泉方面への道路は道幅が狭く見通しの悪い急カーブが連続しすれ違いに注意が必要だ。
紅葉は終わってしまったが赤城温泉を過ぎた頃から山頂までの展望は素晴らしい。
特に中腹にある「夜景パノラマ展望台」からは関東平野が一望できる。
山頂へ登りつめ、少し下った所にある小沼へ着いたのが12時、広い駐車場は満杯状態で小学生の団体がバスから降りてゾロゾロ小沼へ下りていくところでした。
その中に混ざって歩いて行ったら小学生の引率のような気分になってしまい妻と苦笑。
木の葉も落ちて明るく見通しが良くなった小沼を一周、爽やかな秋風を受けながら湖畔での昼食はとても美味しかった。
次は鳥居峠の駐車場へ寄って覚満淵の沼と湿原をを眼下に眺めてから、覚満淵入口にある赤城山ビジターセンター駐車場に車を置いて沼を一周してきました。紅葉は終わってしまったが青空に映し出された湖面の色彩と湿原に広がる草紅葉がとても綺麗で見ごたえがあります。
最後に大沼へ寄って赤い啄木鳥橋を渡った小鳥ケ島にある赤城神社を参拝。
帰路はメイン道路となっている赤城道路(上毛三山パノラマ街道)を下る。こちら側から見る中腹付近の紅葉はとても綺麗でした。

大きな地図で見る


今回、立ち寄ったドライブマップです。
駐車場をマーキングしてありますので参考にしてください。

赤城温泉を通り過ぎて中腹にある「夜景パノラマ展望台」から関東平野を望む。
眼下に前橋、高崎、伊勢崎方面が一望できます。

パノラマ展望台から地蔵岳を望む。
中腹はまだ紅葉が見られます。
小沼の辺から長七郎山方向を望む。
小沼の周りには遊歩道が整備されていて一周してきました。
遊歩道沿いの紅葉はすでに終わってしまったけど、白樺林が目を引きます。
小沼の北側から見る湖面に映し出される空とキラキラ輝くさざ波に魅了されます。
風の影響で湖面の輝きも絶え間なく変化します。
ススキが似合う景色に見とれてしまいました。
長七郎山の山頂からの展望はさぞかし素晴らしい事でしょう。しかし今回は登る気力も無く次の機会にとっておくことにしました。
奥の白樺林と手前のツツジと草紅葉がおりなす景色も綺麗でした。
奥に駒ケ岳、眼下に覚満淵の湿原と沼を望む。
ブルーの湖面と草紅葉がとても綺麗でした。
湿原の中にある木道を歩いてきました。
沼は浅く北西にある大沼と水路で繋がっているようです。
黄色く染まった草紅葉がとても綺麗でした。
湿原の北側から望む地蔵岳
赤城神社の北側から見える赤い橋と駒ヶ岳。