里山の自然を楽しむ

2008年11月21日 嵐山渓谷の紅葉狩り

嵐山町大平山の山麓ある嵐山渓谷へ紅葉狩りに行ってきました。

嵐山渓谷は秩父郡東秩父村白石の堂平山(標高876m)付近を源流とする槻川(つきかわ)が、比企丘陵の山々で水を集め、嵐山町で大きく蛇行したところの織りなす渓谷の景観が京都の嵐山に似ていることから「武蔵嵐山」と名付けられたそうです。

自宅から1時間もかからない近場ですが、此処へ来たのは今日が初めてでした。

大きな地図で見る

大平山麓の北西部に掛かる橋から上流を望む。
この近くに10台位停められる無料駐車場があります。

槻川沿いの遊歩道を、遥か下に流れる渓流を眺めながら
木漏れ日のなかを10分位歩くと展望台に出ます

展望台付近には紅葉がたくさんあってとても綺麗でした

紅葉の大木は見ごたえがあります
         
聳え立つ黄色に染まった紅葉もまた綺麗です
         
遊歩道から槻川を見下ろす斜面の紅葉も見応えがあります。

与謝野晶子の歌碑

歌碑の奥手は行き止まり、正面に見えるは正山です。

下流にある冠水橋を渡って対岸の河原へ下りられます。

河原から上流を望む、その奥に正山が見える。

大平山(標高179m)へ登ってみました。

大平山の山頂、急勾配の山道を15分位かかりました。

杉の木に囲まれ展望は期待はずれ
どうりで誰とも行き会わなかった訳だ(大汗)

小川町?
木々の隙間から覗いてみました。