里山の自然を楽しむ
2006年3月7日 越生梅林へ梅の花見

昔(30年以上前)来た記憶は、畑の中の梅林って感じだったが、今は越辺川(おっぺがわ)沿いに梅林園ができていた。
まだ部分的に一部の梅が咲いているだけでガッカリ、例年だと満開の時期なのだが、今年は寒かったせいで大分遅れているようだ。今月中旬過ぎが見頃のようです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
関東三大梅林の一つ。2ヘクタールの園内には、白加賀約700本、紅梅約100本、越生野梅などの古木200本の合計約1,000本があり、周辺には2万本がある。
 毎年2月中旬から、3月下旬まで梅まつりが行われ、大勢の観梅客で賑わいます。梅園神社に太宰府天満宮を分祀した際、菅原道真公にちなんで梅を植えたことが起源とされている。昭和15年に県の名勝に指定。(越生町役場HP:http://www.town.ogose.saitama.jp/

お魚さんはいるかな? つい川の方に目が行ってしまいます。

おっぺがわ(越辺川)に梅の花が映えます。

この白い花の梅はこれからでした、残念(∵)

薄ピンク色の花も咲いています。

紅梅?は7分咲きで見頃です

すごく鮮やかな綺麗な色で目を魅かれます。

園内をミニ蒸気機関車が観光客を乗せて走っていました。
こんな小さいのに良く走りますね。楽しそうでした♪

井戸と手押し汲み上げポンプを見つけました。
まだ使えるのかな??

婦人会で運営している店だそうです。地元産の野菜や漬け物などがたくさん並んでいました。食事も出来ます。

最近、甘い梅干(大嫌い)ばっかりでうんざりしていますが、
左写真の店で昔ながらの”塩だけで漬けた梅干”を見つけました♪♪今夜、焼酎に梅干しを入れてお湯割りで飲もうかな♪♪