里山の自然を楽しむ
2010年 3月30日
あしがくぼ山の花道〜丸山展望台〜東秩父村大内沢の花桃の里へ

 「あしがくぼ 山の花道」のカタクリ
久しぶりにスッキリ晴れ、横瀬町方面へカタクリを見に出かけてみました。
「あしがくぼ道の駅」に寄ってから「あしがくぼ果樹公園村」を通って、AM11:30「山の花道」に到着。
途中の沿道には賑やかに「カタクリ」のノボリ旗が立てられていて期待心を煽られたが、何故か広い駐車場はガラ〜ンとしていた。
整備された遊歩道を登っていくと一面枯葉ばかり・・・、しかし目を凝らしてよく見ると所々にカタクリの葉と蕾が確認できた。まだ時期尚早だったようだ。せっかく来たのだからとコースを一巡、カタクリは開きかけた花を一輪見つけただけだったが、アズマイチゲと川沿いでヒナスミレが所々で咲いていました。

ガラ〜ンとした駐車場

痛々しく削られた武甲山が見渡せます

まだ冬景色の遊歩道は静かでした

曽沢川沿いにも遊歩道があります

咲いていたのはこの一輪だけでした

←UP

アズマイチゲ


アズマイチゲ

咲き終わったセツブンソウ

シハイスミレかと思ったけどヒナスミレのようです

←葉裏が紅色で側弁の内側に毛が生えていました
標高960mの丸山の山頂にある展望台へ
山の花道を出て丸山林道を大野峠方面へと向かい、その途中にある県民の森駐車場に車を停めて山頂へ登ることにしました。
遊歩道を歩いていくと丸山トンネルを抜けた所に山頂への登山口が有ります。
登山道には昨日降った雪が薄っすら積もっていてグチャグチャで滑りやすく、乾いた場所を選びながら15分位で山頂へ辿り着いた。
標高960mの展望台からは360度見渡せる大パノラマが広がり、素晴らしい絶景でした。

此処から県民の森に入っていきます

丸山トンネルを抜けこの階段から山頂へ登って行きます

昨日、降った雪がうっすら積もっていました

山頂の展望台からは360度大パノラマが望めます

360度の大パノラマ
東秩父村大内沢「花桃の里」へ
県民の森から大野峠〜白石峠〜定峰峠を抜けて東秩父村へと向かってみました。
初めて走る道で少々不安でしたが完全舗装で快適に走れました。ただ行き交う車が少ないせいかカーブで無謀にスピードを出してくる車に驚かされること度々、空いている道ほど要注意ですネ。
東秩父村から寄居へ向かう途中、沿道に立てられたのぼり旗に誘われ大内沢の「花桃の郷」ヘ寄って見ました。
花桃の甘い香りに包まれ、しばし幸せな気分で散策してきました。

山間に彩を添える菜の花と花桃

八重咲きの花桃

オカメ桜(紅山桜)


白花の花桃


白花の花桃