のんびりハイク   戻る

2010年 4月 6日 長瀞カタクリの郷へ

一週間前、横瀬町の「あしがくぼ山の花道」へカタクリを見に行ったがまだ咲いていなかった為、今回はネットで開花情報を調べ、見頃となっていた「長瀞カタクリの郷」へ出かけてみました。
R140から波久礼の寄居橋を渡って荒川沿いの対岸道路を長瀞方面へ走って行くと岩田地区に「かたくりの郷」があります。
道路際に広い駐車場があってのぼり旗が立てられているのですぐにわかりました。駐車場の桜と道路の反対側にある道光寺の枝垂桜も満開でとても綺麗でした。
入園料380円を払って柵で囲われた遊歩道を入っていくと、まずニリンソウとエイザンスミレが出迎えてくれます。その先の広大な斜面には約5万本とも言われるカタクリが群生していて丁度見頃を迎えました。平日のせいか、思ったより花見客も少なく、のんびりと散策できました。
帰路は「風布の里」に寄って日本水で打った蕎麦を食べてから、風布川沿いの自然遊歩道「風のみち」を散策。エイザンスミレ、ニリンソウ、アズマイチゲなどがたくさん咲いていました。
その後、風布の里から中間平緑地公園へと向かった。爽やかな快晴に恵まれた中間平展望台からは眼下に寄居町から遠方は熊谷くらいまで見渡せる素晴らしい景色をを堪能し、寄居町折原に抜けて帰路についた。


駐車場の奥の山が「長瀞カタクリの郷」です

此処から入山します

広大な北斜面に敷き詰められたカタクリ

満開でした

エイザンスミレ

ニリンソウ

エイザンスミレ

ヤマエンゴサク

駐車場の桜ソメイヨシノ

道光寺の枝垂れ桜

風布館の池に咲いていた水芭蕉

風布川「風のみち」に咲いているスミレ

アズマイチゲ

ヤマエンゴサク

? アズマイチゲと混生

ユリワサビ

中間平緑地公園入口

展望台から寄居町が見渡せます