里山の自然を楽しむ
    2010年 10月 5日
  秩父中津川支流・大若沢の滝巡り 勘兵衛の滝→不動滝→魚止めの滝→長滑沢の大滝 

 今月から渓流釣りも禁漁期間となってしまい、これからはのんびりハイキングや滝めぐりなどを楽しもうと、先週に続き、今回は秩父中津川支流の大若沢へでかけた。
紅葉の名所とされる中津川渓谷付近は、一部紅葉も色づき始めて来たようだ。シーズンオフの平日では行き交う車もなく少し寂しい心境でもあったが、のんびりマイペースでの滝めぐりを満喫できました。
中津川林道を上流へ進んでいくと「学習の森」の大きな看板があり、左折し橋を渡って奥へと入って行きます。
しばらく進むと大きな駐車場に突き当たります。
今日は誰も来ていませんでした。


学習の森登山道マップ
入口付近の登山道は休憩所が整備されてきれいになっています。
5分ほど歩いて行くとしだいに切り立った岩壁が迫ってきます。
9:06 木橋を渡ると右方向から大若沢に流れ落ちる滝が目に入ります。落差は10mくらいありそう
登山道からでは木枝が邪魔して良く見えない為、川の中に降り滝下まで近づいて撮りました(汗)↓
9:30 この先に勘兵衛の滝があります。
木橋から見た勘兵衛の滝
下段の滝(3m)
崩れやすいガレ場の斜面を滝下まで降りて写す。
上段の滝(4m)
登山道から踏み跡を見つけ急斜面を降りました。
10:20 勘兵衛の滝から5分くらい先にチョットした小滝が目に入り気になって下まで降りてみました。
苔生した岩の狭間から流れ落ちる滝下は浅い釜が広がり、チョットした景観です。
丁度太陽が顔をだし、逆光に輝く光景にウットリ♪

足元から落ちる上段の小滝

落差は1.5m+2mくらいか?
苔生した岩壁にはジンジソウがたくさん咲いていました。
10:45 不動滝まで来ました。
此処から離れてしまうので、川へ降りて滝下まで近づく。
落差は4mくらいか?名前のわりにはこじんまりした滝です。
11:17 金山沢出合いから上流は禁漁区になっています。
11:35  造林小屋跡に辿り着く。
小屋は跡形もないが川岸には玉石で護岸された跡が残っていた。
小屋跡地を通って右手の奥へ入っていくと大若沢へ流れ落ちる2段10mの「水穴の滝」がある。
上段の滝壺を見ようと滝の左岩を途中まで登りかけたが、あとひと踏ん張りのところで飛沫をうけ濡れそうになったため止めた。ウエーダーだったら登ったろう。
対岸から眺めた造林小屋跡地
水穴の滝近くから高巻で上流へ向かう登山道はあるが、連続する小滝が見えたため沢伝いに登って行くことにした。
11:45 魚止めの滝(7m)
魚止めの滝から斜面を這い上がって登山道を沢沿いに長滑沢出合いまで進む。
12:47 登山道は此処で終点、あとは明確な踏跡もなく沢歩きとなる。
河原に降りて昼食タイムとする。

13:10 長滑沢沿いに大滝を目指し出発。
枯れた老木の根元に色鮮やかなマスタケを見つけた。
まだ耳たぶ位にプルプルで柔らかかった。
バター炒めによさそう・・・
13:45 天高く聳え立つ巨岩は見事だ。岩壁に生える木々はもう紅葉が始まっていた。
切り立った岩壁の先に、やっと大滝が見えきた。
ここから見てもかなり大きな滝であることが窺える。
苔生したガレ場?を通って滝に近づく。
滝壺が見える所まで前進、飛沫を浴びながら落差30m?の大滝に魅入り感動、1時間近くも滞在してしまった。

14:40 来た道を引き返す
16:00 大滝から脇目もふらず 駐車場まで1時間20分かかった。

今日は殆ど曇りで滝の撮影には丁度良かったが、蒸し暑く汗だくだくの遡行に、秋はもう少し先のように感じられた滝めぐりでした。

−TOP−