里山の自然を楽しむ

 2013年 5月 7日
 上野村の笠丸山へ 

 今年は寒い日が多いため、まだアカヤシオやヒカゲツツジが低山でも見れるのではないかと上野村の笠丸山に登ってみたが、すでに散ってしまい花は見られなかった。しかし、山頂での360度見渡せる素晴らしい展望を満喫できました。
 8:48新高畑橋登山口〜9:45地蔵峠〜10:20笠丸山西峰11:00〜11:05東峰11:10〜
〜11:40地蔵峠〜12:15新高畑橋駐車場

8:48
 新高畑橋の手前の駐車場に車を置きスタート (R.O)


クリックで拡大
緩やかな登りの林道
谷間を流れ落ちる沢の小滝
沢沿いの細い登山道は滑りやすく足元に気を配る
老木と小滝 (R.O)
コガネネコノメソウの群生
岩の間を通過
カラマツ林の先にナラの巨木が見えてきた。
8:45
 尾根に辿りついた。此処が地蔵峠のようだ。ナラの巨木の根元にお地蔵様が祀ってあった。(R.O)

 尾根道の右側は楢沢方面となり、笠丸山は左方向へ向かう。その下に林道があるが、この先で終わり、登山道と合流するので、林道を歩いても行ける。
尾根道で僅か咲くミツバツツジを見つけた。(R.O)
聳え立つ巨岩の右下を通り抜ける。
回り込んで巨岩の頂上に立つと素晴らしい展望が開けた。しかし、強風も相まって足が竦み先端までは近づけなかった
岩場の急登が始まる
10:07
 最初のピークに出た
下る途中で笠丸山が姿を現す。
手前が北峰でその奥が南峰のようだ。
再び岩場の急登が始まる。(R.O)
10:20
 笠丸山の北峰(1189m)に到着。南北に細い山頂からの展望は素晴らしく、360度の大パノラマが楽しめた。しかし、期待したアカヤシオやヒカゲツツジはすでに散った後だった。

以下のパノラマ写真は西上州の山並みから半時計方向に写してみた。
山頂直下に僅か残っていたアカヤシオの花
北峰で40分ほど休憩し、少し離れた南峰へ向う。
11:05
 南峰に5分ほどで到着。木の祠があり、傍に「笠丸山山頂」と大きな看板が立てられていた。

 此方は木立に囲まれ展望は両神山方向(南西)だけ開ける。
12:15
 南峰から石燈篭へ下山する回遊コースが一般的なようだけど、何となく来た道で下山したくなり、ピストンコースで下山する。
 駐車場に戻ると、途中の地蔵峠付近ですれ違った団体さんのバスや4台ほどの乗用車が増えていた。

 笠丸山に咲いていた花