里山の自然を楽しむ

 2013年 5月14日
 倉渕町の女坂登山口から剣の峰と角落山へ 

 群馬県西部の山塊に生える固有種のミョウギイワザクラを見に、剣の峰と角落山へ登ってきた。安中市の霧積温泉から登る一般的なコースもあるが、今回は一番短時間で登れるコースを選び、高崎市倉渕町を流れる烏川の最上流部にある赤沢林道終点の女坂登山口から登ることにした。
県道54号長野原倉渕線沿いにある「はまゆう山荘」の反対側から川浦林道に入り、1.2kmほど先で赤沢林道に左折、細い砂利道の林道は凸凹でかなりダートだ。おまけに切り立った岩壁はいたるところで崩れていていつ落石があってもおかしくない恐怖感にかられながら終点まで辿りつく。当然、登山口には1台の車もなかった。
 角落山と剣の峰の鞍部までは30分ほどの比較的楽なコースだった。最初、キツイと言われる剣の峰にアタック。岩場の急登の連続で、こういう方が楽しく疲れを感じさせない気がする。鞍部から1時間かからず山頂に着いた。山頂からの展望は悪いが、その先に少し足を延ばすと、北西方向の素晴らしい展望が望めるビューポイントがあった。
 次はピストンコースで鞍部に戻り、反対側の角落山へ登った。此方はさして危険な場所は無かったが、何度かアップダウンを繰り返しながら登るのは疲れも相まって息絶え絶え堪えたが、40分ほどで山頂にたどり着いた。途中、高齢カップルを追い越したが、その後、途中で引き返したようだ。山頂には角落神社と鳥居があり、北西方面の展望が素晴らしかった。誰もいない山頂で昼食をとりながら1時間ほど滞在し、同じコースで下山した。
 今日は好天に恵まれ初夏の汗ばむ陽気となり、目的のミョウギイワザクラにも逢えて大満足の山歩きでした。

 8:57女坂登山口〜9:30コル(鞍部)〜10:25剣ノ峰11:06〜
  〜11:50コル(鞍部)〜12:30角落山13:35〜14:12コル(鞍部)〜14:41女坂登山口

赤沢林道(左側)への分岐点。川浦林道(直進)は 此処で通行止めになっていた。
いたるところ切り立った岩壁が崩壊し落石が多い林道を、不安ながらも奥へ突き進む。
振り返って眺める林道。滑落しそうな急斜面の路肩は、握るハンドルに力が入る。
8:33
 赤沢林道の終点に到着。奥に広くなった駐車スペースがあった。
8:57
 駐車場の手前に女坂登山口の案内板があり、堰堤の右端から堰堤を乗り越えて、枯れ沢伝いに登って行く。
 ゴーロ帯の岩石に目印がペイントしてあり、迷わず進めます。
9:20
 枯れ沢から離れて、明るい樹林帯を登って行く。
9:24
 切り立った剣ノ峰の裾をトラバース。崩れ易いザレ場はロープを伝って通過する。
9:30
 角落山(左)と剣ノ峰(右)の中間になるコル(鞍部)に到達。
 まずは、大変そうな剣ノ峰へ登ることにした
 さっそく急登のクサリ場が立ちはだかる。
 覆いかぶさる岩壁と断崖の狭間を恐る恐る通過する場所もあり、スリル満点だ。
 次から次へとクサリ場の連続に圧倒される・・・と言うか楽しい。
10:18
 剣ノ峰山頂の手前にあるピークには、遭難者の慰霊碑が建てられていた。
ピークから一旦下って、目の前の剣ノ峰の山頂に向う。
気持ちの良い尾根歩きとなる。
10:25
 三等三角点のある剣ノ峰山頂に到着。
その少し先に同遭難者の慰霊碑と山名板が建てられている。周囲は木立に覆われていて展望はあまりよくない。(R.O)
 山頂を通り過ぎて2〜3分の所(尾根の先端)まで足を延ばすと絶好のビューポイントがあり、西に鼻曲山やその後方に浅間山が聳え、北に目を移すと、浅間隠山やその後方に上信国境の山並みが望めた。そして、此処から鼻曲山や霧積温泉への下山道がのびています。
鼻曲山の奥に浅間山が聳える (R.O)
浅間隠山の奥には志賀草津方面の山並みが望める (R.O)
角落山の右奥は榛名山、さらにその遠方には谷川岳連峰が望めた。
14:12
 コル(鞍部)に戻る。
次は反対方向の角落山に登り始めた。
こんな岩場もあるが、先に登った剣の峰ほどの険しさはなく、登りやすい登山道だ。
12:30
 角落山の山頂に到着。
山頂には角落神社と赤い鳥居があり、男坂登山道から登ってくるとこの鳥居に出るようです。
展望は北西方向が開けていて、剣ノ峰よりは眺めがよい。

鼻曲山の奥に浅間山が聳える (R.O)
浅間隠山(左側)の奥には志賀草津方面の山並みが望める (R.O)
南方面は木立に覆われ展望は悪い。
木立の隙間から妙義山がぼんやり見えました(R.O)
14:41
 女坂登山口に帰還。

 今日は角落山の中腹で1カップルに逢っただけでした。

 周辺に咲いていた花(クリックで拡大)
ミョウギイワザクラ ミョウギイワザクラ ミョウギイワザクラ ミョウギイワザクラ
ミョウギイワザクラ ミョウギイワザクラ ミョウギイワザクラ ミョウギイワザクラ  
ミヤマキンバイ ミヤマキンバイ ツルキンバイ ツルキンバイ  
ヒメミヤマスミレ タチカメバソウ モミジイチゴ タチツボスミレの群生  
ツルキンバイ ツルキンバイ タチツボスミレの群生 タチツボスミレ