里山の自然を楽しむ

 2013年 5月24日
 内山峠から荒船山へ登る 

 R254で内山峠を抜けて長野へ向う時、台形の雄大な荒船山を間近に眺めながら走っていたが、なんとなく登る機会がないまま見過ごしていた。そんな時、この時期に近場で珍しい花はないかと探していたら、ミョウギイワザクラが咲く荒船山がヒットした。しかしすでに花の時期は過ぎてしまったようだが、どんな所か一度登って見ることにした。下仁田方面から向かい、内山トンネルの手前で神津牧場方面に右折し、長野方面に向かう旧道の内山峠最高到達地点に登山口の駐車場があった。すでに5〜6台の車が停めてあって、支度中にも後続車が続々と来て、人気のある山だと知らされる。登山口からの標高差は400mほどで比較的楽なコースだった。艫岩展望台からの展望も素晴らしく、最高地点の経塚山まで、のんびりハイキング気分で楽しんできました。

 8:20内山峠登山口〜9:10狭岩修験道跡9:27〜9:55一杯水〜10:11荒船艫岩西端10:17〜
  〜10:21艫岩展望台10:38〜11:10経塚山11:28(行塚山)〜12:17艫岩展望台12:30〜
  〜14:38内山峠登山口

R254の下仁田側の内山トンネル手前から見た荒船山。

この少し先で神津牧場方面の道路に右折します。
内山峠(1,020m)の駐車場にはすでに多くの車が停めてありました。

この奥が登山口となっている。
8:20
 荒船山への登山口 (R.O)
緩やかなアップダウンの登山道がしばらく続く。
ツツジの花が僅かに咲いていました。
丸太の階段
所々、案内板が立てられているので安心して進めます。
9:10
 狭岩修験道跡に出た。(R.O)

 聳える岩壁には岩室や窪みがたくさんあり、覗いてみるのもチョット楽しい。
水場(一杯水) (R.O)
岩場の急登が始まり、こんな梯子が掛かっている場所もあった。
クサリ場
10:11
 ようやく荒船艫岩西端に上がった。船の船尾に例えられる高さ200mの大岩壁「艫岩」から、舳先にあたる最高地点「経塚山」まで、約1.5kmに渡る大山塊の天空の道が此処から始まるのだ。
 登山道から少し外れた所にチョットした見晴らし台があった。
 崖っぷちに柵がないので近づきすぎると高さ200mの大岩壁「艫岩」から落ち即死だ。(R.O)
眼下には、先ほど走ってきたR254が見え、その遠方には浅間山が眺望できる。
荒船艫岩の上は平坦で気持ちの良い道が延びていた。
艫岩展望台の近くにある避難小屋
10:21艫岩展望台
左側の下は内山トンネルと、岩壁の遠方は蓼科山方面か?(R.O)
正面には浅間山が聳える (R.O)
右側には鼻曲山や妙義山、榛名山などが望める。(R.O)
艫岩展望台で20分ほど休憩し、最高地点の経塚山を目指す。
「水場」と呼ばれる沢のような湿地帯を通過。((R.O))
明るい笹原を通過
10:50
 「皇朝最古修武之地」の石碑を覗いてみた。(R.O)
11:03
 経塚山(左)と星尾峠(右)方面の分岐点を通過。
11:10
 荒船山の最高地点となる経塚山(1,422m)に到着。周囲は木立に覆われ展望は悪い。
木立の隙間から八ヶ岳連峰が見えました。(R.O)

山頂で18分ほど休憩し、ピストンコースで下山する。
14:38
 内山峠登山口に帰還。途中、艫岩展望台や狭岩修験道跡で休憩したり、花撮りしたり、のんびり下山した為、遅くなってしまった。

 今日は団体さんが数組あったり大勢の登山者が押し寄せ、平日とは思えない賑わいでした。駐車場も一時満杯になったようで、この先の少し離れた場所にも数台停めてありました。

 荒船山に咲いていた花 (クリックで拡大)
クリンソウ クリンソウ クリンソウ クリンソウ
ツルキンバイ ツルキンバイとフデリンドウ ツルキンバイ チゴユリ
登山道のクワガタソウ クワガタソウ フデリンドウ フデリンドウ
タチツボスミレ サクラスミレ ミヤマツボスミレ マイヅルソウ
キランソウ キランソウ ワチガイソウ 萎んだミョウギイワザクラ