里山の自然を楽しむ

 2013年 8月 9日
 赤城山地蔵岳へハイキング 

 一ヶ月ほど前から下半身の神経痛に悩まされ、整形外科でMRIを撮ったら椎間板狭窄症とのこと。それから理学療法のリハビリを続けている。いまだ両足の神経痛が辛く犬の散歩もやっとの状態だが、少しづつ動いた方が良いような気がして、気分転換を兼ね比較的楽に登れる赤城山の地蔵岳へ夏草の花を見に出かけてみることにした。
 県道16号大胡赤城線で八丁峠登山口に着くと数人の単独登山者が来ていた。リュックはできるだけ軽くし、数日前に購入しておいたステッキ2本を使ってみたら苦も無く山頂まで登れた。今日も下界は相変わらずの猛暑だが、標高1,674mの山頂まで登れば少しは涼しいだろうと思っていたが、やっぱり蒸し暑かった。花も意外と少なく期待外れだった。そのうち小学生の団体が大勢やってきて山頂は埋め尽くされ賑やかになってきたため、放送局の電波塔を縫うように最南端のTBS電波塔まで散策したり、2時間半ほど山頂でのんびり過ごしてしまった。
 まだ時間が早かったのでビジターセンターに車を移動し、覚満淵を一周する。やはり此処も花は少なく、物凄い蒸し暑さに汗だくだく。そのうち地蔵岳山頂であった小学生軍団が鳥居峠の方から下りてきてまた賑やかになった。聞くところ茨城から来ている学生とのことだった。後半、下半身の神経痛が出て少々辛かったが、久しぶりにリフレッシュできました。

  2012年 8月27日 赤城山の黒檜山〜駒ヶ岳コースを巡る
 2011年 9月 9日 夏の赤城地蔵岳へ登る
 2011年 6月15日 赤城地蔵岳へ登る
 2010年 7月 5日 赤城山へ山野草ウオッチング

 9:15八丁峠登山口 〜 9:55地蔵岳12:25 〜 13:00八丁峠登山口 
13:10鳥居峠
13:25赤城ビジターセンター駐車場〜覚満淵一周14:20

八丁峠登山口から笹原を登る木製の階段
 樹林地帯を抜けると視界が開け、緩やかな木道の両脇には季節折々の高山植物が咲き乱れます。
 あいにく今の時期は殆ど花はなく、ハクサンフウロやイワオトギリなどが咲いていた程度、ウメバチソウはまだ蕾でした。
地蔵岳の山頂
各放送局の電波塔が立ち並ぶ。
(手前が国土交通省で最奥がTBS)
地蔵岳山頂から大沼を望む
地蔵岳から小沼を望む
鳥居峠から覚満淵を望む
ビジターセンターからの覚満淵入口
覚満淵を周遊する桟橋状の木道
奥(鳥居峠側)から覚満淵を眺める

 地蔵岳と覚満淵に咲いていた花 (クリックで拡大)
アキノキリンソウ ゲンノショウコウ ハクサンフウロ ハナイカリ
ハナニガナ イブキボウフウウ ヒメシロネ イタドリ
イワオトギリ イワギボウシ キバナノヤマオダマキ カワラマツバ
コバギボウシ コオニユリ クガイソウ クガイソウ
マルバタケブキ ミヤマニガイチゴ ミヤマタムラソウ ネバリノギラン
ノハナショウブ ネジリバナ ノハラアザミ ノハラアザミ
ノリウツギ オカトラノオ オヤマリンドウ シモツケ
シュロソウ シュロソウ タイアザミ(トネアザミ) チダケサシ
ツリガネニンジン ウスユキソウ ウツボグサ ヤマハギ
ワレモコウ ヤマホタルブクロ ヨツバヒヨドリ