里山の自然を楽しむ

 2013年11月19日
 三境トンネル登山口から残馬山に登る 

 桐生市内から梅田湖を起点とする桐生川沿いの上藤生大州線に入り、最奥で三境林道に左折、三境トンネルを抜けたすぐ右側にある登山口から昨年の春に三境山まで登ったので、今回はその反対方向にある残馬山へ登ってみた。登山口から残馬山までの標高差は250mほどでアップダウンを繰り返す尾根歩きだが、残馬山に至るまで木立に覆われていて展望はあまり良くないコースであった。南東方向の桐生市側は殆ど杉林で覆われていたが、北西方向のみどり市側は落葉樹林帯が多く落葉していたため、木々の隙間から赤城山や男体山などが良く見えた。午後1時過ぎに下山し、帰路は桐生川の渓谷に連なる小滝や真っ盛りの紅葉を堪能、特に石鴨天満宮付近の燃えるような紅葉は素晴らしく、大勢のカメラマンが押しかけていた。

   ■ 2012年4月24日 三境山へ登る

 三境トンネル登山口9:22 〜 9:39尾根三境山分岐点 〜 10:45残馬山山頂 11:40〜 
 〜 12:25三境山分岐点(〜三境山方面へ寄り道含む)13:01 〜 13:10三境トンネル登山口

三境トンネルのみどり市側に2台ほどの駐車スペースが有り、その奥に登山道がある。
枯れ沢のような溝伝いに登って行く
15分ほどで尾根に出る
左が三境山方面で、残馬山は右方向となる
坐骨神経痛をいたわりながらスローペースで残馬山の山頂まで1時間23分かかった。

山頂は木立に囲まれ展望は悪いが、座間方面に少し進むと北西方面が開ける場所ばあって、袈裟丸連峰、皇海山、日光白根山、男体山などが眺望できた。
赤城山(左)の後方に見える冠雪した山並みは草津白根山方面のようだ。

草津白根山方面をズームアップ

袈裟丸連峰と皇海山

日光白根山

男体山

 桐生川上流部の小滝
 
 石鴨天満宮付近の紅葉