里山の自然を楽しむ

 2015年5月21日
 剣ノ峰・角落山へ登る 

 群馬県高崎市倉渕町の「はまゆう山荘」がある場所から川浦林道に入り、その先の分岐点を赤沢林道に左折、「危険:落石注意と書かれたバリケードが設置されていて少し躊躇ったが突入する。かなりダートな砂利道で軽トラがぎりぎり通り抜けられるくらいの狭くなった場所もあったが無事、終点の女坂登山口まで着けた。
まずは剣ノ峰山頂まで往復し、次に角落山山頂までを往復してきた。強風が吹き荒れていたが晴れて見晴もよく、誰もいない静かな角落山の山頂でのんびりしリフレッシュしてきました。
8:25
 はまゆう山荘(右側)の反対側にある烏川沿いの林道に左折し、500mほど進んだ所に男坂コースの登山口があるが、今回は車で林道終点にある女坂登山口を目指す。
8:30
 はまゆう山荘から1kmほど入った所で烏川支流の赤沢川沿いを走る赤沢林道に左折するが、出合いにバリケードが、(汗)
 「危険:落石注意」との掲示板があって少し戸惑ったが、バリケードの横が車が通れるくらい開いていたので、とりあえず行けるところまで行ってみることにした。
 地肌がむき出しになったこんな場所は、地震でもあったらすぐに崩落してしまいそうだ。
 ハンドルを握る手に力が入り、恐る恐る先へと突き進む。
8:50
 林道終点にある女坂登山口に到着。左側の林道突き当りは車が十数台止められる広場となっているが、車は1台も無かった。
9:00
 登山口の堰堤脇を乗り越えてゴーロの枯沢を登っていく。
 枯沢から緩やかな傾斜の樹林地帯に入っていく。新緑が美しく気持ちの良いコースだ。
 ユキザサやタチカメバソウの白い小さな花が控えめに咲いていた。
9:30
 崩れかかった斜面を通過。ロープが張ってあります。
9:35
 角落山(左)と剣ノ峰(右)の中間になるコル(鞍部)に到達。
 まずは、右側の剣ノ峰へ登ることにした。
 笹をかき分けるように進んでいくと、さっそく急登のクサリ場が立ちはだかる。
 覆いかぶさる岩壁と断崖の狭間を恐る恐る通過する場所もあり、スリル満点だ。
10:13
 稜線に出る。
10:17
 遭難者の慰霊碑がある剣ノ峰山頂の手前にあるピークにを通過
 ミツバツツジのようだ。
10:25
 剣ノ峰山頂に到着
 山頂から50mほど先に行くと、展望のよい見晴らし台がある
12:07
 角落山(左)と剣ノ峰(右)の中間となるコル(鞍部)に到達。
 次は角落山へと登って行く。
 クサリ場もあるが、此方は比較的登りやすいコースだ。
 しかし、なまった足腰に疲れが出てきてペースダウンとなる。
12:50
 角落山の山頂に到着。
 此方の方が見晴らしがよく、浅間山や草津白根方面の山並みが望めた。誰もいない山頂でのんびり休憩する。


13:45
 下山開始

浅間山

浅間山を望遠で見る

浅間隠山とその右奥に草津方面の山並みが見えた

草津方面を望遠で見ると草津白根・横手山のようだ


14:05
 コルを通過
14:40
 女坂登山口に帰還。

ミョウギイワザクラは殆ど散ってしまっていたけど、運よく数輪だけ見ることができました。 
   

ミツバツツジ
 ヤマツツジ