里山の自然を楽しむ

 2015年 6月 2日
 栗生コースで御座山に登る  登山口の位置 →

 北相木村と南相木村の境に聳える標高2,112mの御座山に登ることにした。2年前は晩秋9月に北相木村の白岩登山口から登ったので、今回は反対側の南相木村栗生の唐沢登山口から登ってみることにする。
 上野村からブドウ峠を越えて北相木村から南相木村に周り込んで栗生川の支流である唐沢林道を終点の登山口まで車で入り込んだ。まだ1台も車は無く、午前8時40分にスタート。中間地点にある不動滝で30分ほど休憩して、山頂には11時半に到着する。南北に細長い岩場の山頂には3人ほど先客がいた。360度見渡せる大展望は霞がかっていて遠方までは見えず少し残念、今回期待した山頂周辺のシャクヤクはまだ咲き初めなのか?チラホラ程度しか見られなかったが、群生して咲いているイワカガミがとても綺麗でした。1時間以上のんびり滞在してしまったが昼過ぎから雲行きが急に怪しくなってしまい、ピストンコースで下山した。
8:40
 唐沢登山口
 車10台分ほどの駐車スペースがある。
登山道は枯沢のガレ場から始まる。
すぐ樹林帯の緩やかな登山道となる。
 枯沢に沿ってジグザグ道を登っていく。
9:32
 落差10mの不動滝 に出た。水量は少ない。
 此処で30分ほど休憩する。
 不動滝から少し登った所で展望が開けた。
 ジグザグ登山道がしばらく続く。
10:47
 此処からクサリ場が続く。
10:52
 見晴らしの良い岩場に出ると、ツツジの花が咲いていた。
 急登が続く
11:02
 石祠のある前衛ピークに着いた。
 岩場の急坂を100mほど一気に下る。
 これから行く御座山山頂が見えた。
11:10
 北相木村からの登山道との分岐点である稜線コルまで下りた。此処から御座山の山頂を目指して登って行く。
 山頂の手前にある避難小屋
11:30
 御座山山頂の岩場に登る
山頂の祠
 
 
 
 山頂〜登山道に咲いていた花