里山の自然を楽しむ

 2015年 6月 27日
 八ヶ岳の横岳に登る  登山口の位置 →

 ツクモグサを見に横岳へもっと早い時期に登りたかったが、梅雨に入って行きそびれてしまい今日になってしまった。ツクモグサは終わってしまっても他にウルップソウやチョウノスケソウなどの珍しい高山植物があるので、日帰り最短コースの海ノ口自然郷登山口から仙添尾根コースで横岳に初登頂してみることにした。

 上野村からブドウ峠を抜け、北相木村から大鰭トンネルを通って南相木村に出て、小沢しなの入トンネルを通って佐久海ノ口へ出て、海ノ口別荘地へと向かい、その奥ある登山口駐車場にAM7時到着。10台ほど停められる駐車スペースはすでに満杯(汗)・・・かと思ったら、奥の方に1台分少し広めのスペースが空いていたのでホッとする

 林間別荘地の中の富士見岩遊歩道を通り抜けると南八ヶ岳林道に出て、林道を左に2分ほど歩くと貯水池と資材置き場がある広場に出た。そこから横岳への登山道に入って行く。

 最近、老化と運動不足で足腰に倦怠感があり登り切れるか不安もあったので、出だしから抑え気味のスローペースで登って行った。数人に追い抜かれながら針葉樹林帯を越え森林限界を抜けると所々展望が開け、左方に富士山が見えて大感激。焦る気持ちを抑えながらダケカンバの林を抜けると突然パッと目の前が開け、ハイマツ帯の中に三又峰まで延びる登山道が丸見えとなった。また東斜面に美しいシルエットを描き聳え立つ主峰赤岳の姿がとても綺麗で感動。しかし下方から湧き上がってくる上昇霧で南方に見えるはずの富士山はすっかり隠れてしまいガッカリ。この辺りから急に疲れが出てしまい息絶え絶えで目眩もしたり頻繁に立ち止まりしながらもド根性で三又峰まで登り切った。駐車場から三又峰分岐点までの所要時間は3時間35分だった。マアマアのタイムか。
 尾根に出た途端、イワウメやオヤマエンドウ、チョウノスケ、ミヤマキンバイなど色とりどりの花が咲き乱れていて、疲れなど忘れ夢中で花撮りとなってしまった。この一帯は高山植物の宝庫で、彼方此方で花撮りしている人たちが多く見られた。ツクモグサはもう終わってしまったのではと思いながらも、硫黄岳方面から来た人に尋ねてみたら、横岳山頂近くの岩壁に数輪咲いているとの嬉しい情報に、とりあえず横岳山頂へと向かった。しかし、どこに咲いているのかわからず山頂で休んでいと、教えてくれた人が戻ってきたので厚かましくも案内してもらい、岩壁に咲くツクモグサの花を見ることができ感謝感激。今年は例年より咲き終わるのが早かったと言っていた。
 再び山頂に戻って昼食タイムとする。その後はのんびりと景色や花撮りを楽しみながら三又峰に戻り、赤岳方面を少し散策してみたらウルップソウや意外なところでまだ蕾のコマクサなどが見られた。そのうち赤岳東面からの霧が迫ってきたので、名残惜しくも下山することにした。
 下山途中で偶然にもイチヨウランに出逢えてまた感激したり、今回は念願かなう充実した楽しい山旅でした。
 
海ノ口自然郷登山口 7:11 〜 7:35 貯水池登山口 7:45 〜 10:45 三又峰〜花撮り〜 11:10 横岳山頂
 〜 13:00 三又峰頂上 〜 13:22下山開始 〜 15:50 南八ヶ岳林道(貯水池)15:55 〜 16:15 駐車場
 
7:00
 海ノ口自然郷登山口(左奥)の傍にある10台ほどの駐車スペースは私の車で満杯になった。
7:11
 駐車場の傍にある登山口からスタート。
 林間別荘地の中に富士見岩遊歩道があり、横岳登山口へと繋がっている。
 南八ヶ岳林道に出て、仙添川の支流:北沢に架かる橋の先に登山口がある。
 
 前方に聳えるのは山梨との県界尾根のようだ。
 貯水池と東屋風の資材置き場 
 貯水池を通り過ぎて仙添川の支流:中沢に架かる橋から貯水池周辺を振り返り見る。

 登山道は橋の手前にあります。
7:45
 横岳への登山口
 
 中沢に沿って緩やかな樹林帯の登山道を進んで行く。
7:48
 中沢を渡る
針葉樹林帯の荒れた登山道がしばらく続きます。
9:30
 ところどころ展望が開けるようになり、南方に富士山が見えた。

                            富士山を望遠で覗く

                       眼下には野辺山や川上村が覗けます
ダケカンバ帯を通り抜ける
所々、谷筋に残雪が見られたが 登山道には無く助かりました。 
10:28
 ダケカンバ帯を抜けると開けたハイマツ帯となり、三又峰まで延びた登山道が一望できます。
 左方には八ヶ岳の主峰である赤岳が聳えたち、その美しい姿に感動。しかし、南方に見えるはずの富士山は上昇霧が立ち込めてしまい全く見えず残念でした。
 
        北東方面の小海町や佐久穂町〜野辺山や川上村などはよく見えました。
10:46
 三又峰の赤岳⇔横岳への分岐点に辿り着く。

 海ノ口自然郷登山口から3時間35分かかった。
 高山植物の花撮りや景色を楽しみながら、横岳へと向かう。
鉄梯子が2カ所ある岩場の上が横岳の山頂。
11:10
 横岳山頂に立つ

                         横岳から眺める硫黄岳

  北西方面に茅野市や諏訪市、諏訪湖などが一望でき、その遠方には北アルプス連峰も見えた。

                     諏訪湖を望遠で眺める。

               赤岳と阿弥蛇岳のダイナミックな美しい景観

                     阿弥蛇岳の遠方は諏訪方面

                   高山植物の群生地から茅野市方面を望む
13:20
 三又峰に戻り、下山する。

登山道と三又峰から横岳までの稜線で見られた高山植物の花 (画像クリックで拡大します)